トップページ >LPガスのトップページ >LPガスについて

LPガスについて

LPガスの性質

≪空気より重い≫
気化したLPガスは、空気の約1.5倍の重さがあります。
そのため漏れると低いところや物かげに溜まります。
このことは事故を防ぐために最も注意しておかなけらばならない点です。
≪ニオイがつけてある≫
LPガスそのものは無色無臭です。
しかし空気中にガスが漏れた場合、すぐにわかるようにニオイをつけてあります。
ニオイの強さの基準は、LPガスが空気中0.1%(1,000分の1)混入した場合、
人間がそれを感知できることとなっています。
≪一酸化炭素を含んでいない(クリーンなガス)≫
LPガスには、人体に有害な一酸化炭素は含まれていませんが、
使用時に不完全燃焼をした場合、一酸化炭素が発生する恐れがあります。
≪低い濃度で燃える≫
LPガスが燃える範囲(燃焼範囲または爆発範囲といいます。)は、
空気中に1.8%から9.5%のLPガスが混合した場合です。
≪容器の中では液体≫
LPガスは、容器の中では液体です。使うときは気体となり、
体積が250倍になります。

家庭用LPガスの取引に関するQ&A

Q1:LPガス料金は販売店によって違うのですか?

A:自由料金だから違います

LPガス料金は都市ガスや電気などの認可料金と異なり、ガソリンや灯油などと同様に自由料金です。
したがって、LPガス料金は販売店によって違います。
料金が異なる理由として、保安対策や設備やサービスの差異などもありますので、販売店から十分な説明を受け、比較してください。
販売店は業界の自主ルールで店頭の料金を備え、お客様のお問い合わせがあった場合には、その料金表に基づいて説明することとなっています。
また、ご近所の方と情報を交換してもよいでしょう。

全国の地域ごとのLPガス価格について定期的に調査したものが、(財)日本エネルギー経済研究所 石油情報センターのホームページ(https://oil-info.ieej.or.jp/)で公表されています。
また、電話(03-3534-7411:代表)でもお答えしていますので、お気軽にお問い合わせください。

Q2:LPガス料金の内訳はどうなっているのですか?

A:主に基本料金と従量料金(二部料金)で構成されており、当社はこの二部料金制を採用しております。

LPガス料金は、ガスの使用量に関係なく発生する「基本料金」とガスの使用量に応じてかかる「従量料金」で構成されています。
(ほとんどのLPガス世帯で採用されている二部料金制の場合)
従って、ガスの使用料がゼロでも、基本料金は支払う必要があります。基本料金の金額、立方メートル当たりの単価等、毎月の検針票に記載されてます。

ガス料金イメージ画像

Q3:販売店とLPガスの購入契約をするときには書面が交付されるのですか?

A:交付されます。

液石法第14条では、新たにLPガス取引を始める際に、料金構成やその内容、設備の所有権などをお客様にわかりやすく書いた書面(以下「14条書面」という)を交付するよう、販売店に義務付けています。 さらに、14条書面の記載内容に変更が生じた場合は(料金改定や貸付消費設備の変更など)、変更部分について再交付する義務もあります。もし、14条書面をなくしたり、受け取った記憶がない場合には販売店に申し出て交付を受けてください。

Q4:書面にはどのような内容が書かれているのですか?

A:重要な事項が記載されています。

14条書面には以下のような重要な事項が書かれています。14条書面の交付を受ける際は内容を十分確認し、不明な点は販売店から納得がいくまで説明を受けてください。
≪交付書面の内容≫
1、LPガスの種類
2、LPガスの引き渡しの方法
3、料金
(A)料金制度の内容(基本料金、従量料金など)
(B)料金制度の考え方(基本料金や従量料金には何が含まれるかなど)
4、設備の所有関係(どれが販売店所有で、どれがお客様所有か)
5、設備、変更、修繕および撤去に要する費用の負担方法
6、消費設備(ガス配管、給湯器、コンロなど)を販売店が所有している場合は、
(A)利用料や支払方法
(B)契約解除時にお客様が消費設備に係る配管を買い取る場合の金額や算定方法
7、お客様、販売店、保安機関の保安上の責任

Q5:販売店を替えることはできるのですか?

A:自由に替えられます。

自分にあった販売店をお客様自身の責任で選ぶことができます。販売店を替える場合には、現販売店との契約の解除・清算に関する事項を14条書面や契約書で確認しましょう。
また、新しい販売店と契約を交わす前に、14条書面や契約書の内容を十分に確認し、不明な点は説明を受けましょう。トラブルを防ぐ観点からは、現販売店への契約の解除の申し入れを受けた販売店は、原則1週間以内に自社所有の供給設備を撤去することが液石法で義務付けられています。
また、新しい販売店や電気などLPガス以外の燃料に替える場合、新しい販売店やLPガス以外の事業者などが勝手に設備を取り外す(撤去する)と、消費者が思いもよらないガス配管設備代などの支払い請求を受けることがありますので、十分にご注意ください。

Q6:新たに販売店を選ぶときの注意点は?

A:新しい販売店に次の4つを確認してください。

(1)
提示された料金が急に値上げされることはないか勧誘後しばらくすると正当な理由がなく値上げされたり、サービス内容が前より悪くなったりする場合があります。
(2)
実際にガスを納入するのは誰なのか勧誘業者やチラシを入れる業者の中には、仲介を目的としている場合があります。
実際にLPガスを納入するのは誰なのか、その販売店は液石法に基づく登録業者であるかなどを確認してください。
(3)
契約内容に不利な点はないか勧誘時の書類に目を通さなかったり、セールスの言葉をうのみにすると思わぬトラブルに巻き込まれることがあります。契約条件として解約時の高額な解約料請求が含まれる場合もありますので、契約する前によく契約書の内容を確認しましょう。
(4)
保安やサービスの内容はどうか緊急時に販売店や保安機関などと連絡がとれ、すぐに対応してくれるかなど、保安やサービスの内容についても確認してください。
【LPガスはクーリングオフの対象外商品です。】

Q7:ガス配管の所有に関するトラブルが多いと聞きますがどのようなことでしょう?

A:別の販売店に変更しようとする場合、配管代の請求をされる場合があります。

別の販売店に変更しようとする場合、現在取引している販売店から「屋内配管は当店の所有なので他店に変更するのであれば配管代を払ってください」といわれる場合があります。通常、「配管施工費を業者が負担したから」、「配管は業者所有とした賃貸借契約を結んだから」という理由だけでは、配管所有権が販売店に帰属するわけではありません。一般的に建売住宅の場合には、住宅購入時に家屋と屋内配管とは一体のものとしてお客様に引き渡されるため、配管の所有権は家屋所有者に帰属すると考えられます。ただし、住宅購入時に「屋内配管はLPガス販売店が所有する」旨の書面の交付及び明確な説明を受けている場合は、配管代を支払わなくて良いとは限りません。

Q8:LPガスについて困ったときは、どこに相談すればいいのですか?

A:エルピーガスお客様相談窓口や地方自治体の消費生活センターなどにご相談ください。

全日本エルピーガスお客様相談所 電話:03-3593-1100

設備の所有区分と管理責任(メーター販売の場合)

LPガス設備区分イメージ画像

マイコンメーターとは・・・

マイコンメーターは計測器としての機能だけではなく、ガスの使用状況を常に監視し、マイクロコンピューターが危険と判断した時はガスを止めたり警告を表示する機能を持った保安ガスメーターです。
ガスの流れや圧力等に異常が発生した場合や震度5以上の地震が発生した時、内臓されたコンピューターが危険と判断し、ガスを止めたり警告を表示します。

マイコンメーターイメージ画像

マイコンメーターの機能

消し忘れなどで時間オーバーしたとき! 液晶表示
お風呂のつけ放しなど必要以上に使用時間が長い場合、自動的にガスを止めます。
「うっかり」の消し忘れなどによる長時間使用に安全対応します。【ただし、極端に小さな【とろ火】でご使用の際には遮断しませんので十分にご注意ください。】
マイコンメーター表示イメージ画像
地震が発生したときなど! 液晶表示
ガス使用中に震度5相当以上の地震があると、自動的にガスを止めます。地震が起きてもガスを止め、2次災害を防ぎます。 マイコンメーター表示イメージ画像
配管のガス圧が低下したとき! 液晶表示
ガス配管の圧力が低下したとき自動的にガスを止めます。雪下ろしなどで誤ったガスの配管を破損させてしまってもマイコンメーターがガスを止めます。【このような事態の時は、すみやかに当社にご連絡を。】 マイコンメーター表示
異常なガスの消費などで、流量オーバーしたとき! 液晶表示
ガスが不自然に大量に流れると自動的にガスを止めます。未使用のガス栓を誤開放したり、季節の変り目などで、急に多くのガス器具を使用するなど異常に大量のガスが流れたとき、ガスを自動的に止めます。 マイコンメーター表示
電池電圧が低下したとき! 液晶表示
電源として電池の電圧が規定値以下に低下した場合に異常と判断し、警告を表示します。【この場合には、当社にお知らせください。】 マイコンメーター表示

保安ガスメーター復帰方法

1、すべてのガス器具を止める。

給湯栓屋外のガス器具も忘れずに。メーターの元栓はしめない。

保安ガスメーター復帰方法イメージ画像
2、復帰ボタンを押す。

(夜間は周囲が赤く光ります)液晶表示【ガス止】が消え、【ABC】が点滅します。

保安ガスメーター復帰方法イメージ画像
3、30秒間待つ。

カウントダウンの間にマイコンが安全を確認します。
(30秒の安全確認中に【ガス止め】が表示したときは、口火使用のガス器具を含め
器具の止め忘れがないか再点検し、やり直してください。)

保安ガスメーター復帰方法イメージ画像

ページの先頭へ戻る